旅行・地域

2010年5月20日 (木)

京都へのたび:おまけ

最後とか言っといて、最後ではありませんでした。

でも、これは番外編だからいいんですよ。
いいの!

京の町で見つけた、愉快な看板編他です。

ちなみに、京都初日も大概歩きましたが
2日目は15キロも歩いていました。

うーん、別に電車やバス代、タクシー代をケチったのではなく
歩けるから歩いたというかんじ。

もちろん12キロくらいで、歩くのが限界になり
残りの3キロは歩いてしまったかんじです。

日常こんなに歩くことはないので、筋肉痛が2日間続きましたけど
すぐ出て良かったなあ。>筋肉痛

さて、で歩いて見つけたものたちなど。

Dvc00343

キラビヤかというか、ネオンな雰囲気の商店街。

Dvc00351

具体性がないけど、落書きとかそういうことかな?
注釈が必要な看板。

Dvc00353

興味あったけど、出来上がりまで待てない時間らしかったので断念。
でも、サンド(パン)じゃなくて
ごはんのがいいと思うので、残念感はなし。

Dvc00354

ブレ過ぎ。
麺なのか、甘味なのか餅なのか?
どれかにしていただきたい!

Dvc00355

松原なの?むら瀬なの?
紛らわしい!と思ったら、地名が松原でした。
疑ってごめんね。

Dvc00356

ハッピー感は...どうかな?
路地に入っていないので、未体験。
この先に行ったら、実はハッピーになれるかもしれない。
かもしれない。

Dvc00357

ああ、あの昔話(?)は、京都だったんだあ。
と思いました。
子育て幽霊の話だよね。ちょっとせつないやつ。
店先は、いたって明るかったけど。

Dvc00358Dvc00359

六波羅蜜寺に行ってきました。

こじんまりとしていたけど、すごく清々しいところでした。
宝物館に入りまして、展示物と料金が見合わないかんじ?と思いましたが
展示されている像の数々が、ものすごくて圧倒されて
いつまでも見ていたいかんじがしました。
軽く3時間はいれるとこでしょう。本当にこじんまりとしていますが、量ではなく質で。

だから、料金見合う?どころかありがとうなくらいでした。

像(仏像ではないので、像としますが)の力はすごいですね。
一部は、HPからも見られますが
あまりにも写真が貧弱で、もっといい写真が撮れるヒトに撮って欲しかったです。

もちろん、撮影禁止なので私も撮っていませんが。
フラッシュなしでも、今はもっといい写真が撮れるのになあと
そこが残念です。

改祖の空也上人像や平清盛の像は圧巻ですし
地蔵2体は、本当に心の洗われるものでした。
実際に涙が出ましたしね。
像や仏像とは、そういうものなのでしょうね。

ここも、また来てみたいというか
今度来たら、もっと長い時間ぼーっとしたいので
一人旅向きなのかもしれません。

心と向かい合える、清々しい寺でした。


Dvc00360

八坂さんにも行きました。

分かる方には、この距離感で歩いてるなあと思われるかもしれません。
ここは、まあ、静けさはありませんが
やはり清々しい空気はあるところです。

ヒトは多いけどね。
でも、神社特有の清らかな空気と言うのは
ヒトの多さと関係なくあるものだなあと思いました。
広くて気持ちがいいし。
おもしろい屋台もたくさんありました。


京都は、色々な意味で楽しいです。
今度行ったら、やっぱ10キロ単位で歩くかなあ。
疲れたけど、歩いて見えるものとかあるし
いいカフェでごはんも食べれたから、歩くことっていいなと思いました。

明日歩けって言われたら無理だけど。
復活まで2日丸々かかったからねえ。
bearing


京都へのたび:さいご

京都の旅日記も最後です。

お友達のおうちに泊まって、にゃんこたちと遊びたかったのですが
私は、元気で乱暴者の犬(うづ)との暮らしなため
少しも近寄ってもらえませんでした。
weep

今回、やっとわんこdogとにゃんこcatの扱いの違いが分かったような。

近所のよくお世話する、某みゅーじさんちのにゃんこは
犬っぽいのか、いつもあんまり動じないので
甘んじていました。

ごめんね。にゃんこ。

そういえば、にゃんこは興味をもたれるのがイヤだと
いまさらながらに思い出しました。

興味をしめされたいわんこなうづと、3年近くも暮らしていたので忘れていました。

そんな中、翌朝客用毛布でゴキゲンなハクちゃんとは
親交を深めることが出来ました!
ビバ!客用毛布!!

Rimg1285

もう、すんごい「悦」
shineです。
かわいいなあと思って、恐る恐る近付いたら
触らしてもらえました!やったー!!

Rimg1288

間近で触らしてもらい、憧れの「ゴロゴロ」もいただきました。
にゃんこは顔が小さいなあ。
鼻もなんと小さいことか!と、私も悦に入りました。
ピンク色のお鼻も、しっとり部とビロード部と二層なのは
わんこと同じなのですね。

もう、小さな三角のアゴとノドをなぜなぜさせてもらいました。

イキモノのぬくもりはいいですね。
ってことで、うづに会いたくなった瞬間はここでした。

うづも、こうやってぬくぬくするのが好きなので
ちょっとにゃんこっぽいです。

Rimg0604

違いは、顔の四角さかな?


京都ありがとう。JUNちゃん、しゅんすけありがと!
ねこたちごめん。ほんとごめんな。



2010年5月19日 (水)

京都へのたび:その3

個展後に、同ビル内のcafe independentへ。

Rimg1283

入り口はカフェというより、ライヴハウス。
階段のタイルがかわいい♪

Rimg1282
Rimg1281_2
Rimg1280

階段の壁面はフライヤーの嵐。
そんな中、相方がお世話になっている三宅伸治さんのものも!
下の花田さんも同じハコだから、系列店なのかなあ?

中に入ると、もっそいい雰囲気。

Rimg1277
Rimg1273
Rimg1279

すごくステキなカフェでしたよ。


で、鴨川にも行きました。
初鴨川です。
ものすごく近くは、昔結構行ってたし
側も通ってたんだけど、鴨川沿いに行くのが初めて!

Dvc00344

あひるがいたり。

Dvc00345

床営業中だったり。

Dvc00348

庶民は、河原で缶ビールです。
happy01

すごく気持ちいいとこだった。
裸足になりたくてなってました。
この土手の石畳も半分くらい降りてみたよ。

落ちることなく川に近付いてみました。

川には、鯉がたくさんいて
結構浅い川なのにお腹を擦らないのかしらと
老婆心炸裂。

でも、元気に泳いでいたから思ったより浅瀬でもないのかなあ。

すごく天気もよく、暑かったので
本当は川まで降りてみたかったのだけれど
誰もそんなことしていないので、きっとダメなのかもなあと思って
自粛しました。
禁則事項かもしれないしね。

鴨川は、また訪れたいなあと思うところになりました。
京都は盆地だから、真夏真冬のしんどいのは相当で
それはどちらもきたことあるから、やはりこの時期が一番なのではないかなあ
と思いました。


 

京都へのたび:その2

そんなこんなで、アホなことをやりつつ京都に。
昼ビールでゴキゲンなかんじの京都入りです。

お友達の個展会場に向かいつつ
京都市役所前駅のお店で200円の、オーラソーマとかやってました。
実にのどかです。
coldsweats01

このゼスト御池、佇まいは新宿歌舞伎町に向かう
新宿サブナードがこぎれいになったかんじの印象。

で、目指す個展会場への出口を探していたら
すごいステキなアート発見!

Dvc00361
Dvc00339

すごいなあと思って見てたら、すぐ横が目指すべき出口でした。
coldsweats01
導かれましたね。

ちなみにこれは、木村英輝さんというアーチストの作品らしく
京都のあちこちでアートが見られるらしいです。
後でたまたま行ったお店が、この方のお店でこの柄の商品もありました。

で、出口を見つけてようやく個展会場に到着!

今回のお友達の個展は
同時代ギャラリーというとこでやっていた「ぽっくん展」

ぽっくんはブログでは見ていたけど...

二次元のぽっくんや

Dvc00340
Rimg1252
Rimg1269

なんと、今回三次元のリアルぽっくんたちが!!!

Rimg1249
Rimg1256
Rimg1257
Rimg1260

すごく和むジオラマでした。

Rimg1250

私が一番好きな、さらまんちゃん(オオサンショウウオ)。
さらまんちゃんTシャツ買いました。
翌日着てました。

うちのばあちゃんちが岡山で、オオサンショウウオは
岡山のモノ...じゃなくて岡山にいる天然記念物なんですよね。
ばあちゃんちの近所の川で捕まえたことあるし
(ちゃんと後で返しました)
物心も浅いコドモの時に、叔母が捕まえたオオサンショウウオに
追いかけられて、泣きそうだったことがありました。
(後で返したかどうかは、私は知りません。天然記念物ですからねえ。どうなったんでしょう。)

それくらい、昔はよくあちこちにいました。
岡山は蒜山高原のことです。
今も、山美しくのどかな田舎です。


ああ、それはさておき
とても和む個展でした。

ぽっくん絵本は、ぽっくんブログさながらで
くすくすと笑いながら読みました。
知っているお話も、絵本だと楽しい。

Rimg1272

ジオラマと記念撮影。

日差しのきれいなギャラリーでした。

Rimg1254

京都へのたび:その1

そんなことで、友達と行った京都のたびのことなど。

愛するうづを放って、母ちゃんは旅に出ました。

今回の旅の目的は、京都の友達の個展を見て
その友達のおうちでハジける(?)。

そんなかんじで、行きしの新幹線でもなぞなことに。

Dvc00324Dvc00326Dvc00331Dvc00333

蝋燭アートでした。
同行者たちが、チーズの外側に付いてた蝋で
おもむろにネチネチと、なにか作り始めて...
色々なイキモノが集まりました。

やってみようかなと思ったけど、すんごい少量なので
なかなか難しい。
粘土工作とか、好きだったのにね。

年をとると、なにか大切なモノを失くすのかなあ。
なにも発想出来ませんでした。

ちょっと作ろうとかして、コネてはみたんだけどなあ。
残念。
100均で、今度粘土買って
想像力の復活を試みます。

ちなみに、うづ父ちゃんもこういうのが好きだと思うので
一緒にいたならば、またさらに奇抜なのを作ってくれたかも。