« うづハンコ。 | トップページ | 海老で鯛を釣る。 »

2010年8月19日 (木)

新作とパン。

長くなりそうなので、とりあえず昨夜のかわいいうづ姫を。

Rimg1261

ワタクシの枕の上で、物思ううづ姫。
(ホントは絶対、ボーッとしてるだけです。
coldsweats01

コドモの頃に、畳のヘリや掛け布団、枕なんかは
踏んではいけないと教わったものですが
姫には通用しません。(笑)

踏み放題でございます。
なぜなら気持ちいいからで、ネコが涼しいところにこぞって行くように
姫はふわふわと気持ちのいいところに行きたいのです。
本能なので、止めるつもりはありません。
きっと、畳のヘリ(うちにはありませんけど)は踏まないだろうし。


Rimg1263

だいぶ、ボンヤリと眠いかんじの姫。

眠い時が一番かわいいうづ姫です。


【うれしいお知らせ!】

今日は、うれしいことがありました。
昨日紹介した、うづハンコ。

あのハンコを作ってくれたお友達から、メールが着て。

「うづハンコ、また作ったよー。」

まぢっすか???

実はこのうづハンコver.1、頂いて日数が経っていたところ
昨日押しまくりで楽しんだことを報告したら

「うづは作りやすいから、また気が向いたら作るよー。」

と言ってくれていたのですが…

シゴト早っ!

「今見たい?それとも手元に来るまで待つかい?」

の問いに

「すぐさま見たい!!今、見たい!」

と即答しました。

楽しみをじっくり先送り出来ないタイプです。

ver.2

これがまた、ものすごく秀逸なのです。
画像は、やはり手元に着てからUPしたいので
しばしお待ちくださいませ。

なんでしょう。
表現すると…

ver.1は「洋の大胆さ」
ver.2は「和の粋(イキ)」


昨日のは、大胆にどっしりと「うづ」というかんじなのですが
新作は、はんなりとした「涼」を感じるんです。

洋画と日本画みたいなかんじかなあ。

ゴッホと…
あ、日本画家の名前が浮かびませんけど
そんなイメージです。

お友達の洞察力と、腕の確かさには
ホントウに脱帽でございます。

お楽しみに!!


【パン部】

さて。


話はすごく変わりまして、今日はパンを焼きました。

なんで平日にパンを焼くか?
前にも書いたかもしれませんが。


パン作りって、実働時間は少ないけれど「発酵」とかで
やたら時間をくうんです。
だからまあ、休日だの週末だのの方が向いてます。きっと。

毎日たくさんのパンを焼いているパン屋さんは、
すごいなあとしみじみ思うのです。

でも、イーストの香りや焼き立てパンの香りって
すんごい癒されるんですよねえ。

今回は、あまりこねないタイプだったのですが
「こねる」のって、無心になれて
気持ちいいんです。

香りに癒され→こねて無心になり→焼き上がりの香りにほっこり。

このループはたまりません。

一度、パンとグリッシーニを同時に作ったことがあって
シロートには、慌しく二度とやるもんかと思いましたが
絶え間ない癒しと無心の時間は、結構楽しかったです。

例えば、シゴトでむしゃくしゃした時などは
こねるのがいいストレス解消になります。


で、今日は昨日の夜に仕込んだカレーあるけど
フツーのカレーライスは、お弁当に持っていって食べたし
かと言って買ったパンと食べるのもなあ。

んじゃ、カレーパン的なのを作ってしまおうか!

という、まったくもって思い付きです。

先に申し上げますが、私
パンは初心者です。
イモトが先生で、イモトはきちんとお教室で習った
とても上手なヒトです。

で、今回はイモトさんから頂いた某スクールのレシピ
「パルメザンソフト」
(要するに、ふわっとしたパン生地にパルメザンチーズを混ぜたりかけたりしているモノ)
こちらを参考にしました。

もちろん、具を投入するレシピではありません。

前に作ったトマトのパンもそうなんですけど。
でも、こっちのほうがかなりムリかもしれないかもしれない。(笑)

結構チャレンジでした。

そのふわっとした生地を楽しむ設定に「具」ON。

※パンは、料理と違い雰囲気やノリで作ってはいけません。
きちんと計算されていて、形状や素材など、
出来上がりが最上の状態を保つようになっています。
最初の計量はもとより、レシピから外れたことはしてはいけません。
具のないレシピに、具を入れるなど論外です。


↑これは、創作ですけど
でも基本から外れてはいけなくて、計量は大事であると
何度もイモトから叱られた私です。
私、大雑把なので。

料理だと、ああしたらどうかしら?
と、結構融通が利くのではと思うんですけど
確かにパンは、生地の状態が命ですし
具を入れるか入れないか、大きさはどうなのか?
そういうところで、かなり変わると思うんです。

でも、やっちゃいました。
想像クッキング@パン。
(イモトに怒られるだろうなあ)

Dvc00447


試食の結果、結構うまい具合にいきました。
私が貰っている少ないレシピの中で
この生地を使うのが、一番「具」に合っていると思ったんです。
イメージとしては、(ふわっとしてるけど)ナンみたいなかんじかなあ。

ナンだと、くるむには朴訥としてイヤだしなあって
まあ、これも想像だったのですが。

よい結果になったので、前回同様PEPPER'SCAFEにお届け。
すごく忙しそうで、申し訳なかったなあ。

前回のパンを気に入ってくれてたんで、またって思っていたのだけれど
ドライトマトをきらしているし、出来たから良ければ感で。

いきあたりばったりでいけたからといって
パン作りはなめてません。
分量どおりなのに、最近水っぽいかんじするし
気温、湿度、気分(笑)によって色々変わると思うので
なるべく逸脱しないように楽しんでいきたいと思います。




今の姫。

Dvc00448

あられもない、夏の寝姿でございます。







« うづハンコ。 | トップページ | 海老で鯛を釣る。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101599/49185444

この記事へのトラックバック一覧です: 新作とパン。:

« うづハンコ。 | トップページ | 海老で鯛を釣る。 »