« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月26日 (水)

うづ中毒。

うづ中毒。
最近、どうも外出する気になりません。

京都旅行以来、うづが好き過ぎて。(^-^;

一緒にいれば、面倒なこともたくさんですが
幸せな気持ちになれるし。

親バカだとは思ってますが。

そんな今夜は、久々に相方が出るいいライブを見に来てます。

けど、早くもうづのことを考えて胸がうづきます。

これは、恋?(笑)

いつも帰ると大歓迎な、あのはしゃぎっぷりがずるいんです。

今頃は、寝て待てなかんじだろうなあ。あの子は。

2010年5月24日 (月)

雨はイヤだなあ。

昨日、今日はほんによく雨の降る日でした。

昨日は、止み間もなく一日降っていたので
「そろそろソトじゃない?」といううづさんに
「ほら、ソト雨だからさあ」
などと、ソトの景色を見せたりもしたのですが
所詮好きじゃないことは、理解も記憶もしないうづなので
ちっとも伝わらないかんじでした。

雨で、うづも私たちも退屈なのでうづにシールを貼ってみました。

Rimg1253

耳は、触られるのも好まない部位なので
かなり気になる様子。

Rimg1255

ブレブレですが、意外と手は気付いてません。
鈍感な部位?

Rimg1258

さすがに額も、気になるみたいだったのですが
意外と平気そう。
っていうか、こういう模様みたいに見えてくるんですけど。

とか言って遊んでいるうちに、父ちゃんは地方遠征。
母ちゃんと2匹で、雨に包まれるおうちで留守番。

何度も雨模様のソトを眺めながら過ごしました。
一日うだうだしたせいか、夜中も何度も起こされました。
暗い時は寝てて~。


明けて今日、月曜日
朝からというか、昨日からの雨がおさまりません。
朝少しでも止んでいれば、お散歩をと思ったのだけど。

父ちゃん遠征中につき、母ちゃんの出勤時間にはケージに。

「父ちゃん帰ってきたら、遊んでくれるからね。」

そういいふくめて出てきました。
ちょいとだけ残業をしていたら、父ちゃんからのメールで
帰りは夜になるとのこと。

「え!まだ帰ってなかったのね。」
bearing

大変だ!とばかりに、ぶっ飛んで帰りました。
ぶっ飛んで帰っても1時間半はかかっちゃうんですが。

うづは、丸一日ケージに。
いい子だったなあ。ごめんよぅ。
(たぶん、一日中寝ていたので本人的にはタイムスリップしてるかんじなはずですが)

ケージから出すと、ものすごい元気。
そりゃ、2日分の「ソト出せパワー」
thunderですからね。
まだ、小雨はぱらついていましたが
今日はお風呂に入れるつもりなので、泥はね防止のシャツ
t-shirtを着せ
お散歩に出撃です。

2日分の蓄積されたパワーはすごかったです。
車も人通りもないところで、フレキシリード8mを伸ばすと
「武器?」というくらいに、シュルシュルとすごい音をたててリードが伸びます。
気持ちいいくらいに8mを、あっという間に走破。

ちょいと長めにお散歩をして、お風呂に入れた頃に父ちゃんも帰宅。
お風呂から出たら、いきなり父ちゃんがタオルを持って待っていてくれたので
うづは感激もひとしお。
目が輝いていました。
よかったね。

今日は一日寂しかったけど、夜になって楽しいことが満載だったので

Rimg1251

満ち足りた横顔。

Rimg1257Rimg1263

あっという間に、夢の中。

Rimg1265

雨はイヤだったけど、まあいい一日だったんじゃないかな?
しかし、後ろ足をマクラに出来るって
体が柔らかいなあ。




おまけ。
うづのブサイク寝顔シリーズ。

Rimg1251_2

ミイラっぽい。(笑)
加工は一切ありません。ホントに。
どうしたら、あのかわいい顔がこんなにブサイクになるんだろう。
目って、大事な部位ですね。



2010年5月22日 (土)

うづと居酒屋。

金曜日、相方の週末OFFは珍しいので
ソトごはん。

かねてから気になっているお店が地元にあり
そのお店が、テラス席ならわんこ
dogOKだったので
空いていれば、うづも一緒に行ってみようか?ということになりました。

まずは、食材の買い出しでバイクでお出かけし
その帰りしに目当てのお店に予約。
お店のヒトのかんじも、なかなかよさげ。

ということで、うづを伴って行きました。
欧風居酒屋GALAです。

Rimg1256

ビールのグラスが、なかなかかわいい。
エビス生を標準装備っていうのはいいですね。
この枝豆は、ガーリックがきいてておいしかったです。

Rimg1258

うづは、足元で床をくんかくんかしてました。
いつも行くCAFEでも、しばらくは落ち着かないでうろうろしてますからね。
当然初めてのお店では、落ち着きはありません。

Rimg1259

すぐ目の前は商店街で、人通りも多いですが
柵があるだけで、それらもあまり気になりません。
落ち着きのないうづを抱っこしていたら、柵からにっこりと
おばちゃんがうづを見ていました。

すぐ脇に顔があって、びっくりしたんですが
「こっちをずっと見てたから」とすんごいニコニコ顔でうづを見ていました。
つぶれ顔のファニーフェイスうづちゃんは、おばさまに人気なのです。

Rimg1260

鶏のパテ。こんなに山盛りなのに580円はお得。
和風なかんじの味付けで、たまりません。
これはワインに移行かなってことで、ワインに。

このお店は、グラスワイン500円均一。ボトルも2800円均一です。
手軽にワインが楽しめるとこもいいです。

Rimg1264

あたちの食べれるものはないでち。
うづは、商店街ウォッチで気を紛らわせています。
商店街のこの辺りは、結構人出も多いので
うづは興味津々なのでしょう。

Rimg1266

焼きキャベツのサラダ~ブルーチーズドレッシングは絶品!
ぺろっといけちゃいます。

Rimg1268

時折お店のヒトが、お皿を運んで出てくるのが気になる様子。
お店の方も、わんこ好きなかんじで
うづの飲み水を気にしてくれたり、話しかけてくれたりといいかんじでした。
ポータブルの水入れ持参だったので大丈夫でしたが
こういう気配りはありがたいですね。

Rimg1276

うづが父ちゃんのとこにキラキラした目でやってきました。
Rimg1277

もちろんお目当てはおやつ。
まあ、うづもなにかつまみたいよね。
おやつさえあれば、常に従順。

Rimg1278Rimg1279

しかし、ヒトが多いでちなあ。
そして、明るいでちなあ。

Rimg1281

本日の燻製はサバでした。
軽やかな燻製具合で、これまたうまい。
トマトやオクラもおいしかったなあ。

たらふく食べてご満悦。

Rimg1286
おうちのお布団の上が最高でち。
Rimg1292

Rimg1299

そして、いつものだらーんと伸びきった寝相のうづでした。
うづと一緒の居酒屋初体験。
テラス席のお店がたくさんあると、いろいろ行けるんですけどね。
また、行ってみたいと思います。


2010年5月20日 (木)

旅をするうづ毛

うづは、あまり旅をしませんが
分身である、うづの毛は旅をします。

私たちの衣服にくっついて。

家も、あちこちうづ毛だらけで
結構掃除していても、なかなかなくなることがありません。
普段立ち入れないキッチンにも、テーブルの上にも浮遊。

最たるものは、私の会社のイス。

勤め始めて10ヶ月経つ私の会社のイスは
おびただしいうづの毛です。
スーツのヒトには、座らないようにと申し渡してあるほどです。

孫悟空の毛のように増殖したら...
こわい。っていうかうざいと思います。
かわいいけど、あの数で増殖されるとイヤですね。

そんなうづは、今
相方と添い寝ちう。
枕元で沿うのが好きみたい。

Rimg1256
半目がこわい。

Rimg1260
この角度なら、ちょっとかわいいかなあ?

ケツアップで撮ると、ケツのでっかいかんじがかわいいですよ。

でも、先の半目のように
うづは大きな目がチャームポイントなだけに
目をつぶると、本当におっさん顔になります。

Rimg0997 Rimg1001

電車で酔っ払って、だめーになってるおっさん顔。

Rimg1252_2
Rimg1254_2

やぶにらみ。

Rimg1000

ちょっとぼんやりだと、こんなにかわいいのに。
なんとも不思議なイキモノでございます。

京都へのたび:おまけ

最後とか言っといて、最後ではありませんでした。

でも、これは番外編だからいいんですよ。
いいの!

京の町で見つけた、愉快な看板編他です。

ちなみに、京都初日も大概歩きましたが
2日目は15キロも歩いていました。

うーん、別に電車やバス代、タクシー代をケチったのではなく
歩けるから歩いたというかんじ。

もちろん12キロくらいで、歩くのが限界になり
残りの3キロは歩いてしまったかんじです。

日常こんなに歩くことはないので、筋肉痛が2日間続きましたけど
すぐ出て良かったなあ。>筋肉痛

さて、で歩いて見つけたものたちなど。

Dvc00343

キラビヤかというか、ネオンな雰囲気の商店街。

Dvc00351

具体性がないけど、落書きとかそういうことかな?
注釈が必要な看板。

Dvc00353

興味あったけど、出来上がりまで待てない時間らしかったので断念。
でも、サンド(パン)じゃなくて
ごはんのがいいと思うので、残念感はなし。

Dvc00354

ブレ過ぎ。
麺なのか、甘味なのか餅なのか?
どれかにしていただきたい!

Dvc00355

松原なの?むら瀬なの?
紛らわしい!と思ったら、地名が松原でした。
疑ってごめんね。

Dvc00356

ハッピー感は...どうかな?
路地に入っていないので、未体験。
この先に行ったら、実はハッピーになれるかもしれない。
かもしれない。

Dvc00357

ああ、あの昔話(?)は、京都だったんだあ。
と思いました。
子育て幽霊の話だよね。ちょっとせつないやつ。
店先は、いたって明るかったけど。

Dvc00358Dvc00359

六波羅蜜寺に行ってきました。

こじんまりとしていたけど、すごく清々しいところでした。
宝物館に入りまして、展示物と料金が見合わないかんじ?と思いましたが
展示されている像の数々が、ものすごくて圧倒されて
いつまでも見ていたいかんじがしました。
軽く3時間はいれるとこでしょう。本当にこじんまりとしていますが、量ではなく質で。

だから、料金見合う?どころかありがとうなくらいでした。

像(仏像ではないので、像としますが)の力はすごいですね。
一部は、HPからも見られますが
あまりにも写真が貧弱で、もっといい写真が撮れるヒトに撮って欲しかったです。

もちろん、撮影禁止なので私も撮っていませんが。
フラッシュなしでも、今はもっといい写真が撮れるのになあと
そこが残念です。

改祖の空也上人像や平清盛の像は圧巻ですし
地蔵2体は、本当に心の洗われるものでした。
実際に涙が出ましたしね。
像や仏像とは、そういうものなのでしょうね。

ここも、また来てみたいというか
今度来たら、もっと長い時間ぼーっとしたいので
一人旅向きなのかもしれません。

心と向かい合える、清々しい寺でした。


Dvc00360

八坂さんにも行きました。

分かる方には、この距離感で歩いてるなあと思われるかもしれません。
ここは、まあ、静けさはありませんが
やはり清々しい空気はあるところです。

ヒトは多いけどね。
でも、神社特有の清らかな空気と言うのは
ヒトの多さと関係なくあるものだなあと思いました。
広くて気持ちがいいし。
おもしろい屋台もたくさんありました。


京都は、色々な意味で楽しいです。
今度行ったら、やっぱ10キロ単位で歩くかなあ。
疲れたけど、歩いて見えるものとかあるし
いいカフェでごはんも食べれたから、歩くことっていいなと思いました。

明日歩けって言われたら無理だけど。
復活まで2日丸々かかったからねえ。
bearing


京都へのたび:さいご

京都の旅日記も最後です。

お友達のおうちに泊まって、にゃんこたちと遊びたかったのですが
私は、元気で乱暴者の犬(うづ)との暮らしなため
少しも近寄ってもらえませんでした。
weep

今回、やっとわんこdogとにゃんこcatの扱いの違いが分かったような。

近所のよくお世話する、某みゅーじさんちのにゃんこは
犬っぽいのか、いつもあんまり動じないので
甘んじていました。

ごめんね。にゃんこ。

そういえば、にゃんこは興味をもたれるのがイヤだと
いまさらながらに思い出しました。

興味をしめされたいわんこなうづと、3年近くも暮らしていたので忘れていました。

そんな中、翌朝客用毛布でゴキゲンなハクちゃんとは
親交を深めることが出来ました!
ビバ!客用毛布!!

Rimg1285

もう、すんごい「悦」
shineです。
かわいいなあと思って、恐る恐る近付いたら
触らしてもらえました!やったー!!

Rimg1288

間近で触らしてもらい、憧れの「ゴロゴロ」もいただきました。
にゃんこは顔が小さいなあ。
鼻もなんと小さいことか!と、私も悦に入りました。
ピンク色のお鼻も、しっとり部とビロード部と二層なのは
わんこと同じなのですね。

もう、小さな三角のアゴとノドをなぜなぜさせてもらいました。

イキモノのぬくもりはいいですね。
ってことで、うづに会いたくなった瞬間はここでした。

うづも、こうやってぬくぬくするのが好きなので
ちょっとにゃんこっぽいです。

Rimg0604

違いは、顔の四角さかな?


京都ありがとう。JUNちゃん、しゅんすけありがと!
ねこたちごめん。ほんとごめんな。



2010年5月19日 (水)

京都へのたび:その3

個展後に、同ビル内のcafe independentへ。

Rimg1283

入り口はカフェというより、ライヴハウス。
階段のタイルがかわいい♪

Rimg1282
Rimg1281_2
Rimg1280

階段の壁面はフライヤーの嵐。
そんな中、相方がお世話になっている三宅伸治さんのものも!
下の花田さんも同じハコだから、系列店なのかなあ?

中に入ると、もっそいい雰囲気。

Rimg1277
Rimg1273
Rimg1279

すごくステキなカフェでしたよ。


で、鴨川にも行きました。
初鴨川です。
ものすごく近くは、昔結構行ってたし
側も通ってたんだけど、鴨川沿いに行くのが初めて!

Dvc00344

あひるがいたり。

Dvc00345

床営業中だったり。

Dvc00348

庶民は、河原で缶ビールです。
happy01

すごく気持ちいいとこだった。
裸足になりたくてなってました。
この土手の石畳も半分くらい降りてみたよ。

落ちることなく川に近付いてみました。

川には、鯉がたくさんいて
結構浅い川なのにお腹を擦らないのかしらと
老婆心炸裂。

でも、元気に泳いでいたから思ったより浅瀬でもないのかなあ。

すごく天気もよく、暑かったので
本当は川まで降りてみたかったのだけれど
誰もそんなことしていないので、きっとダメなのかもなあと思って
自粛しました。
禁則事項かもしれないしね。

鴨川は、また訪れたいなあと思うところになりました。
京都は盆地だから、真夏真冬のしんどいのは相当で
それはどちらもきたことあるから、やはりこの時期が一番なのではないかなあ
と思いました。


 

京都へのたび:その2

そんなこんなで、アホなことをやりつつ京都に。
昼ビールでゴキゲンなかんじの京都入りです。

お友達の個展会場に向かいつつ
京都市役所前駅のお店で200円の、オーラソーマとかやってました。
実にのどかです。
coldsweats01

このゼスト御池、佇まいは新宿歌舞伎町に向かう
新宿サブナードがこぎれいになったかんじの印象。

で、目指す個展会場への出口を探していたら
すごいステキなアート発見!

Dvc00361
Dvc00339

すごいなあと思って見てたら、すぐ横が目指すべき出口でした。
coldsweats01
導かれましたね。

ちなみにこれは、木村英輝さんというアーチストの作品らしく
京都のあちこちでアートが見られるらしいです。
後でたまたま行ったお店が、この方のお店でこの柄の商品もありました。

で、出口を見つけてようやく個展会場に到着!

今回のお友達の個展は
同時代ギャラリーというとこでやっていた「ぽっくん展」

ぽっくんはブログでは見ていたけど...

二次元のぽっくんや

Dvc00340
Rimg1252
Rimg1269

なんと、今回三次元のリアルぽっくんたちが!!!

Rimg1249
Rimg1256
Rimg1257
Rimg1260

すごく和むジオラマでした。

Rimg1250

私が一番好きな、さらまんちゃん(オオサンショウウオ)。
さらまんちゃんTシャツ買いました。
翌日着てました。

うちのばあちゃんちが岡山で、オオサンショウウオは
岡山のモノ...じゃなくて岡山にいる天然記念物なんですよね。
ばあちゃんちの近所の川で捕まえたことあるし
(ちゃんと後で返しました)
物心も浅いコドモの時に、叔母が捕まえたオオサンショウウオに
追いかけられて、泣きそうだったことがありました。
(後で返したかどうかは、私は知りません。天然記念物ですからねえ。どうなったんでしょう。)

それくらい、昔はよくあちこちにいました。
岡山は蒜山高原のことです。
今も、山美しくのどかな田舎です。


ああ、それはさておき
とても和む個展でした。

ぽっくん絵本は、ぽっくんブログさながらで
くすくすと笑いながら読みました。
知っているお話も、絵本だと楽しい。

Rimg1272

ジオラマと記念撮影。

日差しのきれいなギャラリーでした。

Rimg1254

京都へのたび:その1

そんなことで、友達と行った京都のたびのことなど。

愛するうづを放って、母ちゃんは旅に出ました。

今回の旅の目的は、京都の友達の個展を見て
その友達のおうちでハジける(?)。

そんなかんじで、行きしの新幹線でもなぞなことに。

Dvc00324Dvc00326Dvc00331Dvc00333

蝋燭アートでした。
同行者たちが、チーズの外側に付いてた蝋で
おもむろにネチネチと、なにか作り始めて...
色々なイキモノが集まりました。

やってみようかなと思ったけど、すんごい少量なので
なかなか難しい。
粘土工作とか、好きだったのにね。

年をとると、なにか大切なモノを失くすのかなあ。
なにも発想出来ませんでした。

ちょっと作ろうとかして、コネてはみたんだけどなあ。
残念。
100均で、今度粘土買って
想像力の復活を試みます。

ちなみに、うづ父ちゃんもこういうのが好きだと思うので
一緒にいたならば、またさらに奇抜なのを作ってくれたかも。


 

うづラヴ。

先週末、友達と京都に行ってきました。
京都の友達の個展を見て、友達に会うためです。

うづと暮らし始めてからというもの、
相方と家を留守にするので、うづと離れたことはあっても
私ひとり、うづと離れるというのはほぼ初めて。

うづをと暮らし始めの年の暮れに、母が亡くなり
1晩か2晩か、家をあけたことがありますが
その頃うづはよく眠る幼児期。4ヶ月くらい。
なので、そうでもなかったかなあ。

で、ほぼ初めてに近いこの時。

旅先で、友達のにゃんこに会って
「ああ、やっぱうづに会いたいなあ」とか思っていたのですが
新幹線で東京に、電車で家に...
近付くほどにうづへの想いが高まります。

家に帰って、

「うづ~」

と半ば絶叫しながら、ケージを開けました。
父ちゃんはお仕事だったので、うづはケージの中でキラキラとしたまなざしを向けてくれました。

いつも留守番あけは、キラキラと
ケージがオープンするのを待っているのですが

開けた途端、いつも以上の熱烈歓迎♪

お互いが飛びつくように抱擁。

うづは、よく私たちの口を舐めるのですが
(多分、愛情表現と寂しかったことのアピール)
この日は、2分でも5分でも
止めても止めても延々と舐められました。

おかげで、唇ガサガサになりました。
bearing

寂しかったのね。ごめんよ。
もう、旅になんて出ない。(ちょっとウソ)

でも、そう思うくらいに愛おしいうづでした。

昨日は、父ちゃんと3匹で近所のPepper'sCafeへ。

Rimg1291

時折こちらを見ますが

Rimg1293

ほとんど、お店のカウンターにいる
マスターとママを見つめていました。

ツンデレ、ってこういうのなの?

一緒にいる時も、仲良くしようぜ。

ほんのひととき実感した、うづとの愛情物語でした。


2010年5月14日 (金)

うづザブザブ。

今日はうづ洗い。

シゴトから戻って、少々タオルで引張りっこをした後に
うづをお風呂に入れました。

Rimg1013_2


本当は、「お散歩に行った後にお風呂」
というのが理想なのですが、タオル遊びは重量中型犬うづ相手なので
かなり体力消耗します。

彼女も本気なので(しかもパネェ力強さです)
こちらも本気でやらざるを得ません。
散歩までの体力は、母ちゃんには残らなかったので
遊びの後のお風呂となりました。

「お風呂だよ~」

と言っても、いつもと違う環境なので
きょとんとしていたうづ。

「なんで?」
「ってか、なに?」

って顔。

Rimg0997

しょうがないのよ、親の事情なのよ。

抱えて浴室に。
とは言え、お風呂は大好きなうづですから
お風呂場にいればご機嫌さんです。

父ちゃんはお仕事で不在なので、母ちゃん風呂なので
画像はありません。
が、シャワーの湯を飲んだり
(どうやら、流水を飲むのが好きらしい)
体をマッサージされながらわしわし洗われることは好きらしいです。

http://morinee8.cocolog-nifty.com/udumaki/2010/04/post-566b.html
以前の記事だと、こんなかんじで洗われています。

顔を洗われるのは、死ぬほどイヤみたいですが
一番汚れが溜まるところですから、容赦はしません。

で、ピカリン
shineとなったところで
おもちゃを投入して、ドライ作業です。

洗うのは、なんてことありません。
ドライ作業が一番やっかいです。
犬美容室や犬病院のように、ほどほどの高さの台もありませんから
地面で乾かすわけですが、じっとしていないタイプです。
おもちゃなくしては、作業は完遂致しません。

このために、普段遊ばせない「特おもちゃ」の存在があり
それを
「ほーれほーれ」
と与えて、夢中になっているところをドライ作業です。

夏に向かって抜け毛期ですから、冬のモフモフ期よりはあっという間です。
まあ、短毛種なのでモフもくそもないです。
ちょっとしたら、あっという間に完成です。

散髪無用ですし、ラクさせてもらってます。

そして、お風呂後
何がいいって、フワフワのうづになることです。
至福。

これがあるから、面倒なお風呂も厭う気がしません。


実力行使

実力行使
うづは、ベッドのいたるところで寝ます。

1番の気に入りは、羽毛布団の上らしいのですが(私が実家から持ち帰るなり一目惚れ)
なによりも居心地よいのは、私たちの太ももまくらのようです。

布団に入ってきたい時は、前足で掛け布団を
ちょいちょいと引っ掻きます。
猫みたいな仕種ですが、開けろの意思表示です。

で、私たちが布団を開くとぬるりと入ってくるわけです。

今朝はいじわるしてみようと思い、相方とくっついて
「どこからも入れまい」
と言ったら

二人の間のわずかなすきまを、頭で
ムリムリムリとこじ開け、無言で相方のももにおさまりました。
すんごく強引に入ってきましたよ。

やっぱり言ってること理解してるのかも。

ちょいちょいの合図もせず、かなり強引に入ってきましたからね。

いじけやすいくせに、めげないやつめ!

知恵を蓄えてきました。

2010年5月 9日 (日)

土曜日は、砧公園

このところ、土日はいいお天気というパターンです。
新緑も美しく、いい香りがします。

で、土曜日も好天に恵まれたので
ご近所の砧公園に。

もう初夏の陽気です。
迂闊に、木の少ない公園に行くと
わんこはすぐに暑さで熱中症になってしまいます。

が、砧公園は敷地も広いけれど
緑も多いので、とても涼しく感じられます。

Rimg1008

ここは、ベンチなんですけど
奥に広がる木立が見えますか?
土の上は涼しいものですが、木陰はぐんと涼しいです。

この後、サンサンと太陽の照る芝生も
思う存分駆け回りました。

気持ちよさそうに走り回るうづを見ると、うれしくなります。

Rimg1013

もちろん、こまめな水分補給もね。


2010年5月 5日 (水)

うづ八王子へ。

今日は、父ちゃんのお仕事関係のお友達のおうちでBBQ!
うづも、初めて八王子の土を踏みました。

電車を3こ乗り継ぎです。
しょいこに入れられて、移動のうづさん。

Rimg1075

これに入ってると、意外といいこちゃんです。
あまりのおとなしさに、電車でお隣に座っているおばちゃんが
しばらくうづに気付かないでいて、途中から
「あら、わんちゃんがいるわぁ」と盛り上がっていました。

昨今、コロコロお荷物を持ち歩いている男女が多いので
こうしたものも、その一部と思われる一例でした。
持ち主的には、そのくらいがいいのでちょうどよかったです。

Rimg1082

なんだか、知らない電車だけれども
楽しんでいるうづ。

こういうチャレンジャー的な好奇心は、私とよく似ています。(^^ゞ

Rimg1087

八王子の地に降り立ちました。
ようやく自由の身。

Rimg1096

ヒトたちはBBQです。

Rimg1101

外に出ても、あたちに自由はないでし。
仕方ないさ。
すぐ傍には、車がびゅんびゅん走る道路もあるしね。
安全のためには、繋留されないとね。

Rimg1105
なんか、沖縄の民宿でBBQやってるみたいなふんいき。
うづだけカメラ目線。(笑)

Rimg1120

持込みのベッドでくつろぐうづ。
(こうなるまでには、時間がとてもかかりました。
3try目でようやく、この形に。
新しい環境に落ち着くまでが大変でしたなあ。)

ニンゲンも楽しんだあと、
かなりタイトな終電具合だったので
もっそ忙しく運ばれたうづでしたが

Rimg1145

順応性の高いうづなので、電車移動中は
結構くつろいでいました。
すごいね、君は。

しかし、家に帰ったらさすがに疲れたのか
(環境と、営業?)
ばたんきゅう。

相方はこの日、というか
前日長野ライヴで、朝からバイクかっとばしで帰宅。
即効シャワーの、BBQだったので
同じくぐったり。

2匹ともがんばったし、楽しんだね。

このくらいの距離なら、うづも移動できるんだなあと
うづ力を確認したりして。(笑)

青空の下のBBQは
GWらしい、ステキな時間でした。

さんきう。


2010年5月 2日 (日)

GWのうづまき。

GWが始まって既に半分。

とはいえ、うづの生活にはさほど変化はありません。

父ちゃんはシゴトもありますし、母ちゃんは休みがうれしいので
よく寝ています。

Rimg1231

お台所にいる父ちゃんに熱視線
thunder
気付いてもらえません。

Rimg1237

孤独でし。



うづは眉間から「ネム光線」を出していますが
母ちゃんも眉間から「ネム光線」が出せます。
お互い攻めながら相討ちになって、一緒に寝ていることが多いです。

このGWは、とてもお天気がよいです。

5/1は、かかりつけの獣医さんに朝一で行き
フィラリアの検査、健康診断、肛門腺しぼりをしてもらいました。
うづは、肛門腺の形状というか、しっぽがないので
お医者さんに行かないと、うまくしぼれないのです。
(難儀な)

フィラリアもOK.。健康状態もOK。

安心して、また夏を過ごせそうです。

で、本日5/2はいつものように早起きしてお散歩。
お天気がよいのはいいことなのですが、暑くなったので
お散歩も次第に午前中か、夜にシフトしないとなりません。

でも、早い時間にお楽しみを済ませてしまうと
後は、楽しいことがなにもないんだよねえ。

とりあえず、皮膚の状態がいまいちなのでお風呂に。
ブラッシングも念入りに。

ニンゲンの方は
昨日今日にかけて、おふとんを乾し、おふとんのカバーをお洗濯して
おふとんがお日様
sunのにおいでいっぱいになりました。
掃除機もまんべんなくかけて、おうちがすっきりさわやかに。

Rimg1253

お日様のにおいのおふとんで、ぬくぬくお昼寝。
気持ちいいです。

寝てばっかりでも寂しいでしょうから

Rimg1264

父ちゃんのバイクのメンテナンスの様子を見に出てみました。
父ちゃん、がんばっとるのう。

でも、すぐに飽きてしまううづですから
すぐ傍の竹林にGO!
dash

Rimg1272

Rimg1274

竹林散策に余念のないうづです。
散々楽しんで戻ってみると...

Rimg1275

父ちゃんがいません。
Rimg1276
Rimg1277
Rimg1278

父ちゃん、どこにいったの!!

はい、メンテ終わっておうちでシャワー浴びてました。
君が散策を楽しみ過ぎるからだよ。

うづもすっかりお日様のにおい。

Rimg1284

Rimg1289

気持ちよーく寝ました。

んで、父ちゃんはお仕事にいったのだけど
相変わらずの甘えたモードで、母ちゃんのヒザから離れずに
寝ています。

GWあと半分、存分に一緒にくっついていようね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »