« 久々のいいお天気! | トップページ | ぐるぐるうづまき。 »

2010年4月18日 (日)

うづのイタリア半島。

「うづのタウン部」
上唇のことを、我が家ではそう呼んでいますが
(キャバリアとかもそうですが、一部の犬種は、上唇がたうんたうんしていますよね)

うづの上唇は、白黒です。

Rimg1031
右側は、ほぼまっくろ。
Rimg1030
左側は、ほぼまっしろ。

で、この右側の黒い方には
昔、イタリア半島の形をした白い部分がありました。
今は、跡形もありません。

結構経年変化で、毛の色合いも変わるもので
昔、黒っぽかった体もよく見るとゴールドが入ってきて
ブリンドルが祖先にいることがうかがえるようになってきました。


Rimg0982

多少、うっすらと白いところ。

Rimg09822

赤丸で囲ってみました。
ここが、昔イタリア半島でした。
長靴の形をしてたのです。
が、当時よくこのイタリア半島の一部がポチンと赤くなっていることがあり
それがまたいい位置だったもので「首都ローマ」と呼んでいました。

ローマは、度々発現し
吹き出物の出やすい位置だなあと思っていたのですが
ある日気付きました。その原因に。

それはこれ。

Rimg1040

この出っ張った下の歯。
これが、ちょうどローマの位置に刺さっていて
それで赤くなっていたようなのです。

ことに、右下の歯は出っ張りやすいみたいで
左側よりも赤くなることが多かったようです。

さらによくよく観察していると
うづの長ーい舌が、引っ込むときに上唇をぺろんと巻き込んで
下の歯がちょこんと出る仕組みになっているようです。

構造上の問題ですね。

なので、気が付いた時に出っ歯をしまうよう
心がけると、ローマの出現率は見る間に減少しました。

けれど、イタリア半島も徐々に消えてしまったのは
なんだか残念です。
特徴あったのになあ。

P1010364_2
在りし日のイタリア半島です。

Dscf3312

ちなみに、おちびさんの時はイタリア半島はありません。

これからも、どんどん模様が変わっていくのかなあ。

Rimg1039

でも、真っ白な足と内側は
いつまでも真っ白でいて欲しいものです。
毛並みがうづまいていて、立体的なところもね。



« 久々のいいお天気! | トップページ | ぐるぐるうづまき。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101599/48116578

この記事へのトラックバック一覧です: うづのイタリア半島。:

« 久々のいいお天気! | トップページ | ぐるぐるうづまき。 »